>  > 偶然が良い方向に行った

偶然が良い方向に行った

本当にあの日は偶然としか言えないんですけど、でもとってもラッキーでした。風俗での話になるんですけど、月に一度しか出勤しないという風俗嬢がいたんですよ。彼女はお店でも人気の風俗嬢のようですけど、やはり出勤が少ないのでなかなか出会えないと。そんな女の子がいるんです。これは指名するしかないだろうって。しかも運が良かったのは、残業がなかったので、ピークタイムよりも早く風俗店に行くことが出来たんです。きっともう一時間遅かったら彼女を指名することが出来なかったかもしれないですね。一か月に一度の風俗嬢。その触れ込みだけで自分の中でいろんな気持ちになりました。風俗に限らず、男が女の子と遊びたいのは自尊心を満たしたいって気持ちもあると思うんですよね。一か月に一度の女の子。これは自分の自尊心を満たすには申し分ない触れ込みというか、そのおかげで自分の中でも盛り上がったんですけど、すべては偶然によって得られたものですよね。

やっぱり巨乳は無条件でいいなって

巨乳っていいですよね。風俗では巨乳としか遊ばないんですけど、巨乳ってだけで無条件で遊べるじゃないですか。そこが素晴らしいんですよ。だから風俗で遊ぶ時、顔よりもまずはスタイルですね。巨乳なのかどうかは、自分にとってはかなり大きな問題なんです。それに、巨乳といってもいろんな形があるじゃないですか。自分が好きな巨乳は、巨乳だけどコンパクトな乳首です。乳輪とかまで大きい巨乳も嫌いじゃないんですけど、それよりはコンパクトな乳輪と乳首の巨乳こそ理想そのものなんじゃないかなって思うんですよね。自分としてもそれがとってもありがたいというか、巨乳というだけで盛り上がるのに、更にこちらの気持ちを高めてくれるんです。そこに大きな感動が待っているような気がしますよね(笑)それだけでこっちもかなり燃えるし、いろいろな気持ちがあるので自分なりに頑張りたいって気持ちも出たりと、巨乳はそれだけで男を狂わせるものだなって思いますね。

[ 2017-04-22 ]

カテゴリ: 風俗体験談